Happy Ever

いらっしゃいませ。お越しいただいてありがとうございます。

とろ~りとろとろのお風呂、ホテル木曽路

とある方のブログにここのホテルの感想が書かれていて、
「人が良い」ホテルだとあり、それを読んでからとても興味がありました。

木曽路はすべて山の中。。。「ホテル木曽路」も
し~っかり山の中にありました。
南木曽町256号線を走っていくと、忽然と現れます

0823163424_convert_20140823164631.jpg

上段、左手が本館、右手が新館のさくら館。
下段は客室。

敷地内にはマレットゴルフ場やブルーベリーファーム、
木曽馬やウサギとも触れ合える施設などがありました。
目の前に広がる裾野のあたりまでが敷地、広いです~。

IMG_4073_convert_20140823165017.jpg


子供たちが自然と触れ合って楽しんだら、
お父さんは常時5種類用意されているという地ビールを楽しめます。

0823164113_convert_20140823164648.jpg

朝夕ともバイキングでしたが、メインからデザートまで種類が豊富で目移りしてしまいます。

何より最高だったのはお風呂
大浴場前にはスリッパ専用のロッカーがあり、それだけでEve的には、ポイント高し

0823163356_convert_20140823164555.jpg

暖簾をくぐり、脱衣室への入り口を開けると、びっくりしました

IMG_4061_convert_20140823164820.jpg

脱衣室と浴室の境のドアがない。どどぉ~ん!と内風呂までつながっているのです。
それどころか、この日は閉まっていたけれど、
露天風呂までドアを全面開放してつながっていることもあるらしい。

IMG_4062_convert_20140823164900.jpg

その解放感は写真では伝えきれないのが、本当に残念
成分はアルカリ性単純温泉で無色透明なのだけれど、
今まで味わったことのないとろ~り感。
まるで化粧水のお風呂に入っているような気分。
最高なお風呂でした
もちろん口コミにあったとおり、スタッフの方々の笑顔が最高で、
温かで細やかな心遣いをそこかしこに感じられました。

   【 ←前記事へ / 木曽MENUへ / ブログTOPへ / 次記事へ→ 】

応援してくださる方、ここをポチっとよろしくです!
    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/23(土) 17:19:41|
  2. [おでかけ]長野
  3. | コメント:2
<<小布施&木曽のお土産いろいろ | ホーム | これが噂のコメダ珈琲店かぁ~!!>>

コメント

No title

開放的な露天風呂が良いですね。
何よりスリッパ専用のロッカーが最高(笑)
全体的に安心できるクオリティのようですね。

PS.馬篭の記事の写真にある但馬屋さん、数年前に泊まりました。
夕食後、旅籠前の石畳で、宿の方の指導でお客さん有志で「木曽節」を
踊ったのが最高の思い出です^^
  1. 2014/08/23(土) 22:40:16 |
  2. URL |
  3. HAM1826 #T8stxXjA
  4. [ 編集 ]

HAM1826さん、こんにちは!

設備も環境もクオリティが高かったです。
もっと近い場所だったら、通いたい温泉でした(^^)

但馬屋さんに泊まられたのですか?!
懐かしく感じて頂けましたね?!
旅籠の前で木曽節?
それは、素敵な思い出ですね~。
そういうのがあるから、旅ってやめられませんよね。
  1. 2014/08/24(日) 14:10:14 |
  2. URL |
  3. Eve #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Eve

Author:Eve
♡ Happy Everへようこそ ♡
大好きなお出かけ、食べること、夢中になっているミニチュアのことなど、毎日のいろ~んなことを、綴っていきたいと思います。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

お気に入りのサイトさま

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ほやほや記事

月別アーカイブ

トリップアドバイザー認定!

トリップアドバイザーさんから認定されました(≧∇≦*)
トリップアドバイザー
青森県観光ホテル口コミ情報

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア