Happy Ever

いらっしゃいませ。お越しいただいてありがとうございます。

いよいよ木曽の宿場町へ

江戸時代には、木曽路一の賑わいを見せ
奈良井千軒」と謳われた奈良井宿には、3時半に到着しました。

IMG_3947_convert_20140814141722_2014081414282295b.jpg

観光客も少なくなり、夕方の涼しさも訪れて過ごしやすく、
人ごみが苦手な我が家としては最高の、のびの~び気分でした

DSCF0254_convert_20140814142138.jpg

うわさで聞いていた「五平餅」にも、ここでやっとお会いできました~。
早速いただきま~す!!甘味処「こころ音」にて。
DSCF0207_convert_20140814141853.jpg

帰り道にお土産を買おうと思っていたら、帰りには店じまいで何も買えず。。。
涼しくて歩きやすいのはいいけど、これは大問題だわ

どのお宅の軒先も風情のある表情を見せてくれます。
これも観光客に対する「おもてなし」の心遣いなのでしょうね~

IMG_3951_convert_20140814141755.jpg

DSCF0225_convert_20140814141923.jpg


DSCF0195_convert_20140814141821.jpg

2階が1階よりも迫り出した『出梁造』の建物は奈良井宿に多く見られるつくりだそうです。
ひさしは『さるがしら』と呼ばれるサン木で押さえられています。
この水場の箇所は「鍵の手」と呼ばれています。
道を直角に曲げ、勢いよく突進すると曲がりそこなうという仕組み。
敵からの攻撃に備えた要塞の役割をはたしていました。

DSCF0238_convert_20140814142112.jpg

和漢薬の百草丸は、胃腸薬だそうです。
どの宿場町でも前面にでていました。

店じまいした所も多く、ひっそりとした佇まいは、
江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚がより一層強まります。

DSCF0227_convert_20140814141954.jpg

DSCF0236_convert_20140814142047.jpg

約1km続く日本最長の宿場町は、夕暮れ時、格子やくぐり戸の奥から、
そこに住む人々の静かな営みが感じられました。
夕方の風情ある宿場町。。。お勧めです

DSCF0228_convert_20140814142020.jpg

   【 ←前記事へ / 木曽MENUへ / ブログTOPへ / 次記事へ→ 】

応援してくださる方、ここをポチっとよろしくです!
    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/14(木) 14:49:00|
  2. [おでかけ]長野
  3. | コメント:0
<<天空のお花畑 千畳敷カールへ | ホーム | おぶせのお庭とごはん♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Eve

Author:Eve
♡ Happy Everへようこそ ♡
大好きなお出かけ、食べること、夢中になっているミニチュアのことなど、毎日のいろ~んなことを、綴っていきたいと思います。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

お気に入りのサイトさま

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ほやほや記事

月別アーカイブ

トリップアドバイザー認定!

トリップアドバイザーさんから認定されました(≧∇≦*)
トリップアドバイザー
青森県観光ホテル口コミ情報

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア