Happy Ever

いらっしゃいませ。お越しいただいてありがとうございます。

小布施・あかり博物館へ

木曽谷を南北に貫く「山峡の街道」木曽路。

DSCF0495_convert_20140809165329.jpg

かつては中山道の難所と呼ばれた道は、
江戸時代の面影を残す宿場町が点在しているということで、
今年の夏は宿場町めぐりへ行って参りました~。

*** 木曽路MENU ************************************
1日目
*あかり博物館(小布施)
*陣屋跡、北斎館、栗のこみち(小布施)
*オープンガーデンとおすすめランチ(小布施)
*奈良井宿
2日目
*千畳敷カール
*駒ケ根ランチと寝覚めの床
*妻籠宿
3日目
*馬篭宿
*元善光寺&高遠城址公園
*長野飯田市ランチ(コメダ珈琲店)
番外編
*ホテル木曽路
*木曽のお土産
**********************************************

小布施
前回、小布施を訪れたときは、早朝だったこともあり
岩松院」の見学だけだったので、今回は小布施の町歩きをすることに。

DSCF0165_convert_20140809165435.jpg

小布施は、千曲川と松川が合流する地点にあたり
2つの川が合うという意味の「逢う瀬」から
「小布施」という町名になったと言われているそうです。
なんだか素敵な謂われじゃない?
Eve的には「逢う瀬町」のほうが、好きだったりして。。。

DSCF0147_convert_20140809165400.jpg

葛飾北斎をはじめ、小林一茶などにゆかりの土地柄であることから、
歴史的遺産を活かしたまちづくりで人気を呼び、今は多くの観光客が訪れています。

日本のあかり博物館
DSCF0069_convert_20140809165510.jpg

ここは江戸時代から明治時代にかけての多数の灯具が展示されています。
小布施は灯具の燃料になる種油の一大産地だったことがあり、
火打石、あんどん、瓦灯、ちょうちん等がずらりと並んでいました。

DSCF0077_convert_20140809165532.jpg

エジソンの電球レプリカ
DSCF0094_convert_20140809165652.jpg

フィラメントが幾何学的で美しかった。
ぼんぼり燭台から電球までの、明るさの比較体験ができるコーナーもありました。

DSCF0083_convert_20140809165557.jpg

昔の夜の暗さが、想像以上に暗かったんだということを改めて体験できたひとときでした。
これは「旅まくらあんどん」今でいう旅行セット

DSCF0090_convert_20140809165629.jpg

ぼんぼり手燭、櫛、鏡、すずりなどがセットになっているもの。
自前の灯り持参で旅をしていたなんて。。。

      【 ブログTOPへ / 次記事へ→ 】

応援してくださる方、ここをポチっとよろしくです!
    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/08/09(土) 17:20:31|
  2. [おでかけ]長野
  3. | コメント:0
<<小布施の陣屋跡から栗のこみちへ | ホーム | ミニチュア和室 9月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Eve

Author:Eve
♡ Happy Everへようこそ ♡
大好きなお出かけ、食べること、夢中になっているミニチュアのことなど、毎日のいろ~んなことを、綴っていきたいと思います。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

お気に入りのサイトさま

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ほやほや記事

月別アーカイブ

トリップアドバイザー認定!

トリップアドバイザーさんから認定されました(≧∇≦*)
トリップアドバイザー
青森県観光ホテル口コミ情報

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア