FC2ブログ

Happy Ever

いらっしゃいませ。お越しいただいてありがとうございます。

ありがとうございました!

先日、出品させて頂いた

トイレのサインボードを本日、発送させていただきました。

IMG_1010_convert_20130826101236.jpg

ありがとうございました!

お手元に届きますまで、少々お待ちくださいませ~。

そのポチッが、とっても励みになります!ありがとうございます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ
にほんブログ村
  1. 2013/09/03(火) 20:13:24|
  2. [ハンドメイド]ミニチュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな事まで無料で出来ちゃう!交通博物館。航空&宇宙&その他編

船舶エリアのオマケ

船舶エリアには、いかにもスイスらしく、観光産業に関する展示もあった。

これが、その一つ


ゴンドラリフトのミニチュア

他にもロープウェイとか本物さながらに動くので、大人も見入ってしまいます

さあ、つぎはお待ちかねの航空&宇宙エリア

IMG_0867_convert_20130903151650.jpg
これは、竜巻の仕組み

最近、竜巻の被害が増えてきたけど、今の科学では竜巻の予測は不可能だという。
でも、機械で竜巻がおこせるんだぁ。じゃあ、いつか解明もできるよね!?

DSCF7876_convert_20130903151228.jpg
所狭しと本物の飛行機やヘリコプターが

DSCF7885_convert_20130903151315.jpg
外には本物の旅客機が。

屋内から外を見ると、まるで飛行場にしか見えないよね。
ここが博物館だなんて。。。ねぇ

DSCF7896_convert_20130903151534.jpg

IMG_0869_convert_20130903151731.jpg
おぉ~い 何かいいもの見えたかぁ~い?

この大きな円形の代物は「スイソラマ」
天井から吊られていて、ワインカラーのクッション部分に人がうつぶせに寝るようになっているの。
そうして中央の穴部分を見ていると、スイスの空撮風景が流れていくので、鳥になった気分を味わえる。
しば~らく揺られて楽しんでたよ
他にもライト兄弟の「ライトフライヤー号」のシュミレーションもあり。

IMG_0874_convert_20130903151817.jpg
宇宙ステーション

歴代宇宙服の展示とかもあったんだけど、箱に入れて寝かせてあるから
まるで棺桶みたいな展示の仕方で。。。おかしかったよ

DSCF7891_convert_20130903151346.jpg
「コスモラマ」

これは、無重力を疑似体験できるもの。
これ、写真をひっくり返してるんじゃないからね
ひっくり返ってるのは、後方のマネキンさん。
この設備自体が、斜めに設置されていて、足をセットするとこういう絵が撮れるの
宇宙では、こ~んなせま~い施設内で活動するんだと思ったら息苦しくなってきたよ

DSCF7894_convert_20130903151418.jpg
戦闘機のフライトシュミレーター

係の方から、説明を聞いて乗り込むと、上の蓋が下ろされてしめきられ鍵がかけられる
そう!密閉状態です!
閉所恐怖症だったら、絶対無理だよね。
まもなく内部で運転しているとおりに、この箱が上へ下へとグルングルン、ガランガラン(@@)
内部では、ギャーギャー大騒ぎ
なんせ、初心者が生まれて初めて戦闘機を操縦するわけだから、大変だよね。

DSCF7895_convert_20130903151450.jpg
箱の中から叫んでたよ!「OH MY GOD!!」って。。。

IMG_0885_convert_20130903151944.jpg
操縦法の図解もあるので、安心?

IMG_0882_convert_20130903151859.jpg
これは、ヘリコプターのフライトシュミレーター

操縦中の様子は外にいる人たちに見えるよう上部のモニターに映し出されているのだ。
それを知ったのは、降りてきてからで。。。恥ずかしかったよ
いや、なんにも悪い事はしてなかったけどね

スイスの交通博物館、まるで大人の遊園地だよ。
とっても充実していて、楽しい。o(≧∇≦)o

どのエリアも実際に体験できるものが多くて、それが無料ってことも感心しちゃう!
ほら、よくあるじゃない?
高い入場料を払っているのに、中でもいちいち別料金を払うシステム
それからすると、ここは素晴らしいよ

他にも「ハンス・エルニ」というスイス・ルツェルン生まれのアーティストの美術館や
3Dシアター、プラネタリウム(この2か所は別料金)も併設されている。

DSCF7903_convert_20130903151558.jpg
カフェテリアも広くて気持ちのよいスペース

0830222513678_convert_20130903152018.jpg
厚焼きピザにドリンク、オレンジムースのデザートでCHF16.00。

キッズコーナーで夢中になって遊ぶ子供たちを眺めながらのランチで交通博物館、終了


  [ ←前記事へ / スイス記MENUへ / ブログTOPへ / 次記事へ→ ]

そのポチッが、とっても励みになります!ありがとうございます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ
にほんブログ村

  1. 2013/09/03(火) 17:10:35|
  2. [おでかけ]SWISS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

みどころ満載の交通博物館!自動車&船舶編

鉄道エリアから進んで、次は自動車エリアへ

IMG_0840_convert_20130902135414.jpg
標識がペタペタ。。。建物一面に!

ここが入口。楽しいでしょう?!

中に入ると。。。

DSCF7866_convert_20130902135621.jpg
車が陳列されてる。

昔の馬車から始まって、レースカーとか、最新の車に至るまで、
本物の車が、まるでミニカーが陳列台に乗せられているような状態で4階建ての枠に飾られている。
写真だと、その凄さがおみせできなくて残念
実際に見ると、その壮観さに圧倒されるのだけれど、驚くのは
それだけじゃない!

DSCF7859_convert_20130902135500.jpg
一定区間にディスプレイがある。

そのディスプレイで展示されている車の情報を詳しく引き出せる。

しかも
希望すると、好みの車両を黄色い自動リフトみたいなのに乗せて

DSCF7863_convert_20130902135522.jpg
地上に降ろしてきてくれる!

それだけじゃないんだよ

DSCF7868_convert_20130902135648.jpg
シアタースペースまで運んでくれて、

360度回転しながら、その車の説明を丁寧にしてくれるのだよ。
どうよっ この親切オートマティックシステム

感心しながら2階に行くと、
日本車両の紹介コーナーとかがあったりして、

DSCF7865_convert_20130902135552.jpg
なぜか「尊敬」とかライトアップされてるし。。。

日本の技術に対して尊敬してくれてるってことみたいだね。
嬉しい事だよね。

外に出ると、今度はグリーンの標識が一面に!

IMG_0848_convert_20130902135924.jpg
スイスだけじゃなく、イタリア方面の標識もあるね。

IMG_0850_convert_20130902140001.jpg
なんか日本で見覚えのあるものも。。。

日本の観光地によくある顔だけ出して写真を撮る看板だね。
ここのテーマは「働くお父さん?」

IMG_0889_convert_20130902140301.jpg
外には大型トレーラーもデンッ

さすがに運転は無理だけど、自由に運転席とか乗れるようになっている。
男の人って、憧れがあるみたいね!
それは、万国問わず!
ちっちゃい男の子から、ジャンボなお父さんまで
次々に乗り込んで大喜びしてたよ(*≧m≦*)

DSCF7901_convert_20130902135727.jpg

トレーラーの横には巨大なコンテナも積み重ねられていて、
中にもいろいろな展示物があったり。。。

次は、船舶エリア

IMG_0851_convert_20130902140051.jpg
模型もいろいろ。。。

DSCF7871_convert_20130902135757.jpg
ミニチュアも!

もちろん本物のボートハウスとか戦艦とかも展示されていたけど、
一番夢中になって見入ってしまったのは、これ

IMG_0857_convert_20130902140138.jpg
これまた判りづらくてごめんなさい。

これは、運河エレベーターのしくみの模型。
水がコンピューター制御されていて、箱の部分に貯まっていくと船が上がっていき、
水を排水させることで、船を下の川に移動させる。
とても精巧に作られていて、感動して見入ってしまったの。

DSCF7872_convert_20130902135831.jpg
船の設備って、なんだか惹かれる

明日は、飛行機エリアに行くよぉ~

  [ ←前記事へ / スイス記MENUへ / ブログTOPへ / 次記事へ→ ]

そのポチッが、とっても励みになります!ありがとうございます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ
にほんブログ村


  1. 2013/09/02(月) 15:14:36|
  2. [おでかけ]SWISS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨーロッパ最大の交通博物館!鉄道編

湖畔の朝食を楽しんだ後は、駅からバスに乗り、今日の目的地へ。
。。。と、その前に!ここの記事はめっちゃ長くなるので、
コンパクトにまとめた記事はこちらです。

交通博物館
ヨーロッパ最大と言われている交通博物館
ルツェルン郊外の湖畔に広がる広大な敷地の施設。
交通と通信手段の発展の様子を展示した博物館で、コレクションは3000点を超える。
とても楽しみにしていた場所なのだ。
きっとね、乗り物好きな夫がすごぉ~く喜ぶだろうなぁと思ってたの。
ばっちりだったよ
駅から6,8,24番のバスに乗って10分ほど「Verkehrshaus」で下車。
バス停の目の前にある。

DSCF7829_convert_20130901173343.jpg
バスを降りるとすぐ目の前

早く着いてしまったので、その前の公園でオープンを待つ。

DSCF7843_convert_20130901173526.jpg
湖の向こうに、ルツェルンの街並み

IMG_0815_convert_20130901173939.jpg
遠くピラトゥス山も見える。

ここ交通博物館にはフェリーでも移動可能。

DSCF7837_convert_20130901173453.jpg
公園から見た博物館。ひろ~い敷地です。

DSCF7831_convert_20130901173416.jpg
一面にホイールが!電車の車輪や船の舵とかもあった。

外観からして、ワクワク感がo(≧∇≦)o
左端はトンネルの掘削機。とてつもない大きさに圧倒される。

10:00開館と同時に入場。スイスパス提示50%オフでCHF15.00。

IMG_0821_convert_20130901174025.jpg
敷地内の案内模型

施設内は、屋内外にわたり鉄道エリア、自動車エリア、船舶エリア、
飛行機エリア、その他ケーブルカーや宇宙船と多岐にわたる。
その中でも鉄道エリアは、鉄道大国のスイスらしく素晴らしい充実ぶり。

IMG_1085_convert_20130904142415.jpg
ボケちゃってるけど、出発前にとっても欲しかった園内マップなので、のせておきます。参考までに。

IMG_0823_convert_20130901174111.jpg
トンネル掘削機の模型。

博物館前にあった巨大な機械の小型模型が入場してすぐ目の前に。
こんなに大掛かりな機械でトンネルを掘るんだと初めて知った。
山が多いスイス、列車大国となる今日までこれらの機械は大活躍したのだろうねぇ。

DSCF7852_convert_20130901173650.jpg
巨大施設の中に、列車がずらり。

かつて大活躍していた列車たちが役目を終えて、静かに並んでいる。
中に入ることができる列車や上からのぞける列車と、さまざまな方向から見ることができる。

DSCF7853_convert_20130901173745.jpg
列車の下にもぐることも。。。

こんな方向から見ることもできるの!初体験だ!

DSCF7849_convert_20130901173608.jpg

列車の前で話していた外国人男性二人。入場間もなくの時に見かけたのだけど、
お昼に見かけた時も、同じ列車の前で話しこんだままだった(゚▽゚`*)?
海外の鉄道ファン発見

DSCF7854_convert_20130901173843.jpg

IMG_0836_convert_20130901174238.jpg
なんとなくトーマスみたいなカラーリングだよね?

これは蒸気機関車のしくみが判るように、機関車の立体裁断されたもの。
すごいなぁ~、この展示の仕方!

IMG_0830_convert_20130901174152.jpg
運転シュミレーションも体験出来ちゃうよ!

  [ ←前記事へ / スイス記MENUへ / ブログTOPへ / 次記事へ→ ]

そのポチッが、とっても励みになります!ありがとうございます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ
にほんブログ村









  1. 2013/09/01(日) 21:09:45|
  2. [おでかけ]SWISS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

プロフィール

Eve

Author:Eve
♡ Happy Everへようこそ ♡
大好きなお出かけ、食べることなど、日々のいろ~んなことを、綴っていきたいと思います。のんびりな更新ですが、時々のぞいて下さいな。

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

お気に入りのサイトさま

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ほやほや記事

月別アーカイブ

トリップアドバイザー認定!

トリップアドバイザーさんから認定されました(≧∇≦*)
トリップアドバイザー
青森県観光ホテル口コミ情報

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

タグ