Happy Ever

いらっしゃいませ。お越しいただいてありがとうございます。

八ヶ岳山麓の旅 - 3 -


最後は、八ヶ岳山麓の旅での宿をご紹介

一日目の宿は萌木の村に程近い「カントリーイン・ザ・クラッシック」

緑に囲まれたペンション。



翌朝、ペンション前にポニーに乗った子供が新聞配達に来た。
可愛らしい地区の演出に宿泊客も喜ぶ。

CIMG9581_convert_20130428162414.jpg

パジャマのまま飛び出してきた子供たちは大はしゃぎ!

CIMG9596_convert_20130428161602.jpg

朝食は光が降り注ぐテラス席で

CIMG9599_convert_20130428161622.jpg

ぷるぷるのポーチドエッグがおいしかった。

CIMG9600_convert_20130428161642.jpg

ペンションからの景色。。。遠くに見える木立の奥が萌木の村。

***********************************************************

2日目の宿は、諏訪湖畔の山の上に建つ「諏訪湖の森 四季亭」

CIMG9768_convert_20130428161816.jpg

本陣風の重厚な門構え。本物の松明が焚かれていたり、綺麗に手入れされた日本庭園があり雰囲気抜群。

CIMG9726_convert_20130428161701.jpg
これは宿の中から、門を振り返った風景。門からフロントまでこんなに遠いのだ。

部屋は渡り廊下でつながった離れで、部屋の中は大正ロマン風。

CIMG9767_convert_20130428161754.jpg

食事は。。。残念ながら覚えていません。
たった1枚あった料理写真がこれ

CIMG9740_convert_20130428161737.jpg

締めのご飯がおにぎり茶漬けだったようで。。。

なんといっても、夏にこの宿に泊まったお楽しみは、「見下ろす花火
諏訪湖畔であげられる花火を部屋、またはロビーから鑑賞できる。

CIMG9738_convert_20130428161720.jpg
諏訪湖を眼下に見下ろせるロビー。

花火を見下ろすって、なかなか体験できないよね。
なんだかお殿様にでもなったような気分でしたよ。

          [ 八ヶ岳山麓の旅-1-へ / 八ヶ岳山麓の旅-2-へ ]

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/04/28(日) 16:45:58|
  2. [おでかけ]八ヶ岳山麓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

八ヶ岳山麓の旅 - 2 -

「清泉寮」  
現在ではロッジやコテージを運営する研修、宿泊施設だけれど、
1938年当時は清里開拓の父と言われる「ポール・ラッシュ」が指導したキリスト教の研修施設だった。

CIMG9608_convert_20130427143916.jpg

アメリカの国立公園のような雰囲気で、気持ちの良い空間。
濃厚で有名なアイスクリームを食べながら、朝の高原でのんびり過ごすのに最適。
これぞ、「高原の朝~
八ヶ岳山麓といえば、「高原へいらっしゃい」っていうドラマもありましたね~

「映画【西の魔女が死んだ】のロケ地 おばあちゃんの家」
ペンションの掲示板で公開していることを知ったので、ぜひ行きたい!と、急遽行くことになった場所。
GWとか夏休みに期間限定で公開しているらしい。
本も読んで映画も見ていたので、ワクワクしながら、森の中を歩く。

CIMG9616_convert_20130427143936.jpg

こんなふうに、高原の中の舗装されていない森の中を歩くのって、生まれて初めてかも!
年齢を重ねてくると、「初めて」体験が少なくなってきて、感動も薄れてきちゃうでしょ?
だから、こういう初めて!体験をすると、無性に嬉しくてHappyになる。
ちょっと大げさかもしれないけど、生きてるって楽しい!って。。。
るんるん(古いね)気分になった道のりだった。

CIMG9623_convert_20130427143954.jpg
森の中をしばらく歩くと、木立の中におばあちゃんの家が

CIMG9628_convert_20130427144013.jpg
室内はレトロな雰囲気。。。

法律の関係上、家の中には入れないので外から覗くだけだけれど、
「あのシーンの!」とか「ここだ!」みたいに、映画の世界がそのままで楽しかった。

「風林火山館」

CIMG9646_convert_20130427144035.jpg

NHKのGACKTが出て話題になっていた大河ドラマのセットがそのまま見学できたのだけれど、
今は残念ながら取り壊されたそうです

「平山郁夫シルクロード美術館」
日本画家として有名な平山郁夫画伯の美術館。

CIMG9661_convert_20130427144100.jpg
ちょっとわかりづらい外観。

悠久の地シルクロードを描いた巨大な絵をゆったりとした空間で鑑賞できる。
同じ題材を相反する色彩で描かれた絵が並んでいたりして、印象の違いにそれぞれ引き込まれる。

県道17号線、エコーラインなど快適なドライブを楽しめる道が続く。
途中、ゴッホの「ひまわり」みたいな風景に出会う

CIMG9665_convert_20130427144122.jpg

「白樺湖」
軒並みお土産店が並んでいる。

「世界の影絵・切り絵美術館」
影絵作家・藤城誠治の作品が展示されている。

CIMG9669_convert_20130427144142.jpg

子供の頃はよく絵本で楽しんでいたから、すご~く懐かしかった。

CIMG9670_convert_20130427144201.jpg

光を巧みに操った世界は、絵本の世界に紛れ込んだよう。

霧ヶ峰高原を抜け「諏訪湖」

「下諏訪本陣 岩波家」
中山道と甲州街道が交差する諏訪では温泉が湧いていたことから、
参勤交代の宿場町として栄え、本陣となっていたのが岩波家。

CIMG9680_convert_20130427144246.jpg

立派な門構えで、威圧感さえ感じられる。
中は古いまま保存されていて、27代目のおばあちゃまが一生懸命説明してくれた。

CIMG9685_convert_20130427144309.jpg
かっては各大名たちが宿泊した際、門前に掲げられた木板がずらり。

それから、皇女和宮が降嫁の際に宿泊し、利用した茶道具などもあり、歴史を彷彿とさせる。

CIMG9693_convert_20130427144326.jpg
和宮はどんな想いで、この庭を眺めたんだろう。。。

すぐ隣の「諏訪大社 下杜秋宮」へ。
諏訪大社は諏訪湖畔に4つの神社があり、上社本宮、上社前宮、下社秋宮、下社春宮とある。
これらのお社は本殿がないことが特徴で、上社は御山を御神体に。
秋宮は一位の木を、春宮は杉の木を御神木としているそうだ。

CIMG9704_convert_20130427144345.jpg

巨大なしめ縄は、なんと1tだって!人間の力ってすごい!と改めて感動!
ここの狛犬は日本一の大きさなのだそう。

CIMG9717_convert_20130427144405.jpg
参道につられた風鈴が、涼やかな音色を響かせていました

            [ 八ヶ岳山麓の旅-1-へ / 八ヶ岳山麓の旅-3-へ ]

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ


にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
  1. 2013/04/27(土) 15:34:46|
  2. [おでかけ]八ヶ岳山麓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳山麓の旅 - 1 -

*2008年夏の旅です*

この日、北関東は気温35℃と猛暑日
141号線を走っていくと、空気がどんどん涼しくなってきた
長野県南佐久群の「野辺山駅」に着いた時は、気温22℃。
高原の空気が、涼しくて気持ちいい

CIMG9487_convert_20130426143312.jpg
野辺山駅はJR鉄道駅としては日本一標高が高く1345.67m。

ここで食べたラズベリーヨーグルトアイスは、濃厚で美味しかった

国立天文台野辺山宇宙電波観測所
敷地内には「野辺山太陽電波観測所」も同居している。

CIMG9491_convert_20130426143327.jpg

詳しいことはぜ~んぜん解らないのだけれど、簡単に言うと
宇宙空間からはいろいろな電波が飛びかっている。
それを観測して研究しているところ。
なぜか天文台とかプラネタリウムとかに惹かれるのだ。
太古の昔から人は月や星に未知なる力を感じ恐れたり、崇拝したりしていた。
そんなDNAの名残なのかな。。。
巨大なパラボラアンテナ郡に囲まれていると、なんだか不思議な感覚になる。
強いて言えば、宇宙にほんの少し近くなったような。。。気のせいなんだけどね。。。

萌木の村
山梨県清里の「萌木の村」は、森の中に工房、レストラン、ホテル
ショップなどが点在していて自然の中をゆったり散策するのに楽しい場所

CIMG9498_convert_20130426143344.jpg

CIMG9502_convert_20130426143403.jpg

雰囲気的にはヨーロッパの森の中みたいな。。。
いや、ヨーロッパの森の中って歩いたことないから、想像なんだけどね。
こんな感じかなぁ~って。。。
おとぎ話に出てきそうな森の中って感じで、わたしは大好きな雰囲気。

ホール・オブ・ホールズ
敷地内にあるオルゴール館

CIMG9519_convert_20130426143419.jpg

ピアノ型自動再生機 ラフマニノフが実際に引いたピアノでそれを再生するピアノとか、
メカニカルな工夫が凝らされていて、実演奏を3回も聞きいってしまい、
結局1時間以上いたことになる。
空気コンプレッサーを使い、オーケストラ演奏を再現したり、
なかなか見ごたえも聴き応えもあり

清里駅周辺散策

CIMG9534_convert_20130426143438.jpg

かっての憧れの地も、すでにブームは過ぎ去り、ひなびた雰囲気を醸し出している。
原宿みたいな賑わいだった頃と比べたら、このぐらいの静けさの方が落ち着くかも。。。
お土産屋さんを冷やかしながらの~んびりそぞろ歩きができるというのは、
混雑しているとなかなか難しいものね。

グラタン専門店「アミ」で夕食。

CIMG9547_convert_20130426143458.jpg

CIMG9550_convert_20130426143515.jpg
どれも同じに見えますが、違います

この日のチョイスは、青梗菜とホタテのグラタン、若鶏のグラタン、ビーフドリア、ソーセージ盛り合わせ
清里高原のフレッシュな牛乳とバターで作っているというグラタンは、どれも美味しかった~

再度、夜の「萌木の村」へ。暗闇に沈む森の中は、昼間とは別の顔。

CIMG9558_convert_20130426143533.jpg

ライトに浮かび上がるショップやメリーゴーラウンドは幻想的な雰囲気を漂わせる。
広場ではバレエのコンサートを開催中ですごい人!

CIMG9571_convert_20130426143551.jpg

町は閑散としてたから、いったいどこからこの人たちが出現したのだ!とおどろいた
高原の夜は冷え込むので、みんなスキーウェアとか着込み完全な防寒対策で鑑賞していた。

             [ 八ヶ岳山麓の旅 - 2 へ - ]

このブログを応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/04/26(金) 15:29:14|
  2. [おでかけ]八ヶ岳山麓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Eve

Author:Eve
♡ Happy Everへようこそ ♡
大好きなお出かけ、食べること、夢中になっているミニチュアのことなど、毎日のいろ~んなことを、綴っていきたいと思います。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

お気に入りのサイトさま

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ほやほや記事

月別アーカイブ

トリップアドバイザー認定!

トリップアドバイザーさんから認定されました(≧∇≦*)
トリップアドバイザー
青森県観光ホテル口コミ情報

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア