Happy Ever

いらっしゃいませ。お越しいただいてありがとうございます。

苦しみの後にナポリで運命の出会い

BEFORE / イタリア記TOPへ 

◆7日目:帰国の途◆

3:00 起床。昨夜、朝食分と支給されていたセットを平らげてしまった二人なので、
残っていたジュース1本と1個のりんごを分け合う。
毎日余裕の身支度だったから、この朝の1時間は、忙しくバタバタした
バタバタして、行きそびれたの~、トイレに。。。
もともとトイレが近い人じゃないので、タカをくくっていたこともある。
1時間ぐらい大丈夫って。。。そうしたら。。。

4:00 ナポリのエアポートへ向け出発!
まだ暗いソレントの街を走り抜ける。美しい夜景も見納め
目に焼き付けておこう~。。。なんて、感傷に浸っていたら、段々トイレに行きたくなってきた
え~、まずいよ~。「トイレに行きたいです」と、言おうかどうしようか自問自答悶絶の40分。
気持ちよさそうに寝ている夫の隣で脂汗状態
つねってやろうかと思ったけど、へたに起こすと説明とかしなくちゃいけなくなるから
寝せておくことにした。
フリーウェイを走っているのに、トイレ!なんて、頼んだら、
大事になるよね?とか思うと言い出せない。
早朝ということもあって、車が少なくビュンビュン飛ばしてくれることがありがたい。
エアポートに到着するまでの40分、ナポリの夜景を見る余裕も、
思い出に浸る余裕もなく頭の中は「トイレ」で一杯!
「イタリア=トイレ」の図式が刷り込まれてしまった悶え苦しんだ40分であった
ドジったよ、まったく。
(そんなわけで、こんな苦しみを味わって欲しくなくて、初日にお伝えした次第です。トイレは計画的に
空港について、ダッシュしたのは、当然。

気を取り直しまして。。。

いよいよ楽しかったイタリアともお別れです

DSCF3926_convert_20130301122639.jpg
空港の公衆電話。。。なんだか可愛くて。。。パチリ
荷物を預けフリーになってから、さあ朝食!ってことで、カフェで初パニーノとカプチーノ
パニーノはいろいろ種類もあって、選ぶのに迷っちゃう。
とりあえず、定番の生ハム、トマト、チーズのパニーノにした。

DSCF3942_convert_20130301122738.jpg

うっま~~~~~い!!!(*≧∀≦*)

正直に言います!イタリアで一番美味しかったものが、この空港で食べたパニーノ

あまりに美味しかったので、ローマの空港でも、もう一度パニーノを食すが、これも最高に美味であった。
お腹が空いていなかったにも関わらず!だよ!
もっと早く出会いたかったよ、パニーノ
よりにもよって旅立ちの朝に出会うなんて。。。
もともと、チーズは得意じゃない私なのに、パニーノに出会って以来、
チーズもウェルカムになってしまった。

ほら、よく言うじゃない、あばたもえくぼ?ちょっと違う?
帰国後、パニーノ熱にうなされ、あらゆるパンでパニーノ作りに挑戦するも完敗。。。パンが違うんだよね。

うぅっ。。。パニーノを食べるだけでもいいから、イタリア行きたい

DSCF3937_convert_20130301122658.jpg

◆イタリア土産◆
今回の旅行で買ったお土産をご紹介。
つまらないものばかりですが。。。ささっ、どうぞ(*´∀`)見せるだけですから、どうぞ!

DSCF3980_convert_20130301122800.jpg

お菓子類は、チョコもクッキーもどこで買ったものも、とても美味しかった。
特にピスタチオのビスコッティ(右上の箱)は、もっと買ってくれば良かったぁと後悔するほど美味しかった。
パスタ類は、日本でリサーチしてから行ったほうがいいかも。。。
お土産屋さんで扱っていたパスタが、ほとんど日本のスーパーで揃っていたので。

DSCF3986_convert_20130301122818.jpg
Tシャツ、パーカー、バッグ、キーホルダー、陶器の飾り、木製飾り、エプロン、ソープ、指輪、ステッカー、ブックカバー
カレンダー、マグネット、本、財布ぐらいかな。。。

IMG_0268_convert_20130223111515.jpg

長々~とイタリア記、読んでくださった皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

拙い文章、お見苦しい写真などいろいろ失礼いたしました(^-^;
よろしかったら、また遊びにいらしてくださいね。

BEFORE / イタリア記TOP 

がんばれ~!って、応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/03/01(金) 13:00:35|
  2. [おでかけ]ITALY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

喧騒の地、噂のナポリへ

◆6日目:ナポリ◆

16:30 陽が傾き始め、夕暮れの中、ナポリの歴史地区へ。
ゴミは散乱、車は渋滞、クラクションが鳴り止まぬ、落書きだらけの壁、噂通りのナポリ。

DSCF3872_convert_20130227111435.jpg

アパートの窓には、洗濯物が干したまま。
ナポリの人は、洗濯が大好きで、よく洗濯をするんだけど、驚いたことに、干したものを片付けないんだって。
取り込むのは、それを着るときで、万が一雨が降ったら、それが乾くまで干しておくそうだ。
なんと大らか!帰国日は早朝にナポリを通過したんだけど、本当に洗濯物がヒラヒラしてたよ。

渋滞の中、街の中央へ。
バスを降りて、プレピシート広場を通り抜け、

DSCF3882_convert_20130227111451.jpg
DSCF3884_convert_20130227111506.jpg

ウンボルト1世のガレリアという、
ミラノのガレリアにそっくりのアーケードへ。

DSCF3901_convert_20130227111619.jpg

DSCF3903_convert_20130227111638.jpg
DSCF3897_convert_20130227111604.jpg

その後ヌォーヴォ城へ。

DSCF3904_convert_20130227111657.jpg

外観が排気ガスの影響か、真っ黒のススだらけに見えるが、
夜ライトアップされてくると、それも気にならなくなってくる。

一言で言い表すには難しいけど、空気というか、雰囲気がナポリはちょっと怖かった。
道路に落ちているゴミの量とか、落書きの多さ、クラクションの凄まじさが、そう感じさせるのかな。

DSCF3891_convert_20130227111532.jpg
DSCF3894_convert_20130227111549.jpg

スリや窃盗とかの軽犯罪はともかく、殺人などの凶悪犯罪も後を絶たないという。
今、南イタリアが抱える高い失業率による貧困などが原因でもあるのだろうけど、
陽気なナポリ人のイメージが、ダークになってしまうのは、悲しいよね。。。

17:00 ナポリ市内のレストランへ。
モッツァレラチーズ&トマト★3 ポークのレモンソースがけ★3、チョコケーキ★2

0225135637394_convert_20130227111418.jpg

小さな店にギュウギュウすし詰め状態。ウェイターも感じが悪くて、料理もそこそこだし、ブー
最後の晩餐だっていうのにさ!

18:30 またナポリの夜景を見ながら、ソレントへ。

20:00 ホテル着。翌日が早朝出発なので、朝食セットが手渡される。リンゴ、ジュース、パンなど。。。
とうとう楽しかったイタリア旅行も最後の夜。明朝3時起きだというのに、名残惜しくて眠れず。
出発準備が終わった頃には、空腹を覚え、さっき受け取った朝食セットを
ほとんど二人で平らげてしまった(;´∀`)
残りはりんご1個とジュース。明日の朝どうする?
どうにかなるでしょ?ええぃ!寝てしまえぃ!っと、就寝。

<BEFORE / イタリア記TOP / NEXT>

がんばれ~!って、応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/02/28(木) 15:05:26|
  2. [おでかけ]ITALY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポンペイで浮かれて葉巻親父とハグ(≧∇≦)

◆6日目:ポンペイ◆

ソレント半島を横断して、ポンペイ遺跡前の大型レストランでランチ
シーフードサラダ★5、ボンゴレ★3、魚介のフリット★5、ミカン★4
022513554837_convert_20130226093542.jpg
美味しかった。新鮮なシーフードのサラダもぷりっとしたイカがおいしかったし、
小エビやイカのフリットも、カラッと揚がっていて、味付けもほどよかった
ボンゴレは、わたしがムール貝が苦手だけれど、味は良かったので★3に。


そしてデザート。。。。。

IMG_0321_convert_20130226093600.jpg

驚きでしょ!ミカンがドン!って

笑っちゃうよね!ボールに山盛りの葉付きミカンが持ってこられたの。一人当たり2個
ビジュアル的には、わぉ!だけど、味は甘くて美味しかった。
親戚の家にでもお邪魔して、「ほら、うちで採れたミカン、甘いんだよぉ。食べていきな!」的でしょ?
さすが、イタリア!楽しい!o(^o^)o

13:30 夫が一番楽しみにしていたポンペイ。快晴にも恵まれて、ごきげん!

DSCF3723_convert_20130226093617.jpg
アポロ神殿跡

紀元前8世紀に建設された商業都市で、港町として栄えていたが、
79年8月24日のヴェスビオ火山の爆発で一瞬のうちに灰の中に埋没してしまった街。

DSCF3744_convert_20130226093633.jpg
遺跡の後ろがヴェスビオ山

とにかくその規模の大きさにビックリ。
この広大な街が畑の下にあって、すべて掘り起こされたという事実。

DSCF3753_convert_20130226093648.jpg
白いのは小石で、月明かりに照らされて夜でも車道が判るようになっている

街が整然と構築され、道路は馬車道と歩道に分けられ、横断歩道もあり、
公衆浴場やパン屋、飲み屋まである。
DSCF3836_convert_20130226093823.jpg
パン屋さん。手前が溶岩石でできた挽き臼で、穴に木を通し、人力やロバで回していた。後方がかまど。

公衆浴場には、床暖房どころか、蒸気式の壁暖房まで設置されていたらしい。

DSCF3821_convert_20130226093746.jpg
DSCF3783_convert_20130226093728.jpg
DSCF3856_convert_20130226094003.jpg
DSCF3828_convert_20130226093804.jpg
民家の玄関口。「猛犬注意」を教えるモザイクタイルの床

DSCF3768_convert_20130226093704.jpg
娼館の小部屋のベッドと枕。この上に布製のマットと枕を置いたそうだ。

DSCF3844_convert_20130226093938.jpg
ストックルーム?には、公開されていない遺跡が山ほどストックされていた。

日本だったら弥生時代の初期で、竪穴式住居に住んでいた頃だと思うと、文明の進歩に驚嘆。

このポンペイ、帰国後しばらくして、親戚と集まった時に話が出た。
なんと生前、夫の母がイタリアに旅行した際、どうしてもポンペイに行きたいと、
ローマからポンペイへのOPツアーに一人で参加していたと判明。
なんだか血というか、絆みたいなものを感じてじ~んとしちゃった。
お母さんが呼んでいたのかもね。夫にポンペイを見せてあげられて良かった

DSCF3849_convert_20130226093916.jpg
右手のブロンズ像は「矢を射るアポロ」。。。矢は持っていませんが。。。

15:00 遺跡前のカメオ工房見学。 トイレ休憩を早々に済ませて外へ。
屋台の土産物屋が並ぶので、冷やかして歩く。
ここでアマルフィの風景を木に描かれたものに一目惚れ
時間はた~っぷりあるので、ゆっくりディスカウント。
希望通り半額になったので、浮かれた私は葉巻を加えたイタリア親父とハグしちゃったよ
その後、これが最後かも。。。と三度目のジェラート(ピスタチオとカシューナッツ)を食べる。
DSCF3861_convert_20130226094024.jpg


<BEFORE / イタリア記TOP /NEXT>

がんばれ~!って、応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/02/27(水) 10:02:28|
  2. [おでかけ]ITALY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

思い込みのアマルフィ海岸ドライブ

◆6日目:アマルフィ ◆
カーテンを開けると陽の光。。。これよ!これ!待ちわびていたもの!
DSCF3537+(2)_convert_20130224150607.jpg

7:00 テラスで海を眺めながらの朝食。
景色もメニューも豪華で、朝からハイソな気分。
IMG_0293_convert_20130224150703.jpg
ケーキが豊富だったので、一気にご満悦になっているフシはある。。。

朝食後、ホテル内を散策。
IMG_0292_convert_20130224150629.jpg

9:00 美味しくて満足の朝食後、あの!アマルフィへ。
「アマルフィ女神の報酬」で有名になった場所だよね。
公開されてから、日本人観光客がどっと押し寄せてスゴイらしい。
あの!あの!あの!景色が見られるんだァ!と、わくわく!

DSCF3677+(2)_convert_20130225135208.jpg

しかも、お天気は快晴!どこで降っていたって、ここさえ晴れてくれれば文句なし!
古い町並みの雨の風景は情緒もあるけど、海岸だけは晴れて欲しかった。願いが叶ったよ。
ずっとお陽様に恵まれなかったから、久々の青い空と青い海、
眼下に見える白い町並みをみているだけで、最高の気分ヽ(´▽`)/
車がやっとすれ違える程の細い曲がりくねった道をバスが進む。

DSCF3610+(2)_convert_20130225135037.jpg

ポジターノの街を見下ろせる展望台にて休憩。断崖絶壁にしがみつくように立つ家々。
小さな集落がアーチ型で眼前に広がる。
深呼吸してみると鼻をくすぐるレモンの香り、ここは、やはり南国なんだと感じさせる。
風も穏やかで暖かい。一枚一枚、上着を脱いでいく。
フルーツスタンドと小さなお土産小屋で、レモン柄のお土産をいろいろGET。

DSCF3640+(2)_convert_20130225135132.jpg
DSCF3655+(2)_convert_20130225135150.jpg
DSCF3697+(2)_convert_20130225135241.jpg

その後、陶器店にも寄ってトイレ休憩アリ。

DSCF3691_convert_20130225135225.jpg

快晴なこともあって、社内はかなり暑くなり、もっと薄着になりたくなったわたしは、
はで~なTシャツを買う。
アマルフィで「アマルフィ!」って書いてあるTシャツを着るのは勇気がいったけど、
背に腹は代えられない。エンブレム付きのTシャツだったため、
「どこのサッカーチームを応援しているんだ?」と何度か聞かれる(--;)

DSCF3633+(2)_convert_20130225135057.jpg
DSCF3636+(2)_convert_20130225135114.jpg

その後、ソレント半島を横断して、内陸部へ。。。はい、ここから内陸部。
そう内陸部。えっ?海岸は?終わり。そうなの~!海岸線はこれで終了。
あくまでも海岸ドライブであって、海岸フリータイムとか、
海岸そぞろ歩きとか、一切書いてなかった。「海岸ドライブ!」とある。
確かに、嘘偽りはございません。ドライブだった!
でも、アマルフィのあの広場とか見えるあの角度。
下から見上げるあの景色。。。車窓からも見られなかった。
アマルフィの街中には立ち入らないのだ。勝手な勘違い、勝手な思いこみだった。。。
こういうことか。。。そうか。。。そういうことなのね。。。一つ学習したね。
でもね、負け惜しみで言わせてもらうけど、
上からの景色もほんっと、素敵だったよ!

<BEFORE / イタリア記TOP / NEXT>

がんばれ~!って、応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/02/26(火) 08:57:30|
  2. [おでかけ]ITALY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これじゃあ、死ぬわけにいかないナポリ!

◆5日目:ナポリ ◆
15:00すぎ、ナポリへ向かう。北から比べるとだいぶ暖かいから、
色のない景色から、草原も鮮やかグリーン

DSCF3488+(2)_convert_20130223111331.jpg
白くポツポツ見えるのは、ひつじさ~ん

天気もすっかり良くなって、夕焼けが綺麗に見え始める。
古代ローマ時代に主要都市とローマをつなぐ道が整備された「ローマ街道」
街道沿いには笠松が植えられている。
DSCF3516_convert_20130223111417.jpg

途中のトイレ休憩ショップには、カフェ併設だったので、
カスタードパンと直搾りのオレンジジュースとカフェマキアートで一休み
DSCF3497_convert_20130223111354.jpg

直搾りのオレンジジュースが絶品だったよジュースの写真は一気飲みしたためなし

ナポリに近づくと、雰囲気が一変する。クラクションで騒々しい。ネオンが輝き始める。
車が多くなって、その割り込みがものすごい。車線があるのに、ない状態。
4車線なのに、車は10列ぐらいに割り込み膨れ上がる。
だから、動けなくなって、クラクション鳴らす。。。みたいな状況。
「並ぼうよ!そうすれば。絶対、早く進むよ!」って、バスの中からつぶやく。。。

19:00 ナポリ市街のレストランで夕食。
グリーンサラダ★3、ミネストローネ★5、白身魚のムニエルレモンソース★4
ボケボケの写真で失礼します
0224145915464_convert_20130224150030.jpg
ぱっとしない色合いのメニューだけど、味は良かった

ようやく満足できるお食事だった。本当に、ようやく!って、感じで。。。
お店の雰囲気も、ウェイターも感じが良くて、総合的にも高評価!

20:00 夕食後、ナポリ湾をぐる~っと回りながら、ソレントへ。
夜景、素晴らしかったよ。車窓からのみの夜景なのが、とてもとても残念だったけど。
揺られながらも、飽きずに写真撮りしてたんだけど、どれもボツ
ほとんど止まらないし、ものすごいスピードで運転するし 。。。

DSCF3521_convert_20130224150048.jpg

「ナポリを見ずして死すべからず」という諺は、
海からのナポリやカプリ島を望んだ眺望から生まれたそうだ。
ってことは、この程度の見方じゃ死にきれんなぁ~

21:00 2泊する5ツ星ホテル。
パルコ・デ・プリンチペ Parco Dei Principi
やはり5ツ星!お部屋も広いし、バルコニー付き。

DSCF3524+(2)_convert_20130224150124.jpg
DSCF3536_convert_20130224150215.jpg
121号室。。。でも2階。

夏のリゾートホテルとしては最高だと思う
崖の上に建っていて、素晴らしい立地だし、崖下にはプライベートビーチもあるし。
海に行く時間は皆無だけどね
それどころか、町に行く時間もなかった。。。
せっかく、素敵そうなリゾートタウンだったのに。。。

DSCF3551+(2)_convert_20130224150300.jpg

内装がブルーで統一されていて、夏なら涼しげで爽やかだよね

IMG_0290_convert_20130224150333.jpg

冬だと。。。ちょっと、寒々しいね
実際は暖房がきいたから大丈夫だよ

<BEFORE / イタリア記TOP / NEXT

がんばれ~!って、応援してくださる方、ポチッと押してくれたら、力が湧いちゃいます!
    ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

  1. 2013/02/25(月) 09:45:53|
  2. [おでかけ]ITALY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Eve

Author:Eve
♡ Happy Everへようこそ ♡
大好きなお出かけ、食べること、夢中になっているミニチュアのことなど、毎日のいろ~んなことを、綴っていきたいと思います。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

お気に入りのサイトさま

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ほやほや記事

月別アーカイブ

トリップアドバイザー認定!

トリップアドバイザーさんから認定されました(≧∇≦*)
トリップアドバイザー
青森県観光ホテル口コミ情報

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア